民事再生手続とは?

そもそも民事再生手続とはどのような手続でしょうか。

会社の資金繰りが困難になってどうにもならなくなった場合、まず思いつく手段は破産手続きであると思われます。破産手続きは会社自体をなくしてしまういわゆる清算型手続です。しかし、例え多額の債務ゆえに現在苦しい状況にあるとしても、事業継続の見込みがある、収益自体はあがっているという場合にまで破産手続きをとる必要はありません。このような場合に有益なのが民事再生手続です。

民事再生手続とは、経済的に窮境にある場合、すなわち、基本的には破産手続開始原因となる事実が生じるおそれがある場合か、履行期が到来した債務を支払うと当該企業の事業継続に著しい支障を来たす場合において、申立をすることができる手続きです。

そして、民事再生手続を申し立てた者(以下、再生債務者と言います、)は、事業主体であることを維持し、会社財産についての管理権を有したまま事業の再建を行っていきます。会社自体がなくなってしまう破産手続とはこの点が大きく異なります。

→NEXT 民事再生手続きの流れ